こちらのページでは当社オリジナル製品

『スポーツスター専用 MAHLE鍛造 1000ccピストンキット』を、

実際にインストールした車両のデータやカスタム事例をご紹介しております。

 

 

 

 

 

■ 実証データーNo.1 『 883 × 1000 』

 

883エンジンで出した精一杯のデータと、1000ccピストンを普通に組み立てた状態でのダイノグラフを以下に示す。

ここで大事なのが、なにと比較した、ダイノグラフなのか・・・。

 

以下、データはマフラーとエアクリーナーがそれぞれ共通。

モデルは2009年のXL883を用いてインジェクションチューニング済み。

排気量が、883か、1000か、という具合で「エンジン仕様のみ異なるデータ」とオーバーラップさせたものです。

これは、かなり参考になるかと思います。

 

 

(赤)弊社チューニングデータ 1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 8.48kg-M (フルパワー)

(青)弊社チューニングデータ XL883 純正エンジン 最大馬力 50.22PS 最大トルク 6.61kg-M(フルパワー)

 

 

 

(赤)弊社チューニングデータ 1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs

(青)弊社チューニングデータ XL883 純正エンジン 最大馬力 50.22PS 最大トルク 47.85ft-lbs

 

トルク値(ft-lbs)をご覧下さい。ここで目安となるのが、一般的にハーレーでは1キュービックインチあたりが1馬力になれば、そのエンジンや周りのセットアップはかなり良いものだ、という目安があります。

 

→ダイノグラフの見方については合わせてこちらをご覧下さい。

 ( これを見ればダイノグラフがもっと面白くなる )

 

1000cc仕様はキュービックインチに置き換えたときのEngine Displacement値が61キュービックインチとなります。すると、どうでしょう。1000ccの場合、馬力・トルクともにこのような結果でしたね。

 

<1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs>

 

それぞれ61と、ピッタリ。とてもバランスの良い仕様です。

そして、883・1000のパワーカーブが面白いくらいに非常によく似ていることから「883のエンジン特性をそのまま底上げした内容が1000cc」というのが見て取れるダイノグラフと言えます。

 

つぎに、883のヘッドを用いた1200ボアアップ仕様との比較です。

 

■ 実証データーNo.2 『 883改1200 × 1000 』

 

 

(赤)弊社チューニングデータ 1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 8.48kg-M

(青)弊社チューニングデータ 883用 1200cc 最大馬力 59.58PS 最大トルク 9.41kg-M

 

 

 

(赤)弊社チューニングデータ 1000ccピストン 最大馬力 61.81PS 最大トルク 61.30ft-lbs

(青)弊社チューニングデータ 883用 1200cc 最大馬力59.58PS 最大トルク 68.04ft-lbs

 

ここで見えてくるのが、883仕様を1200cc化した場合、先に触れたシリンダーヘッドの事もあり、トルク値に対して、馬力が思ったほど出ていない事で、極端なトルク寄りの特性になってしまいます。

低速では、驚くほどの前進力を持ちつつも、エンジンを回していくと、思ったほどに伸びない・・・883の頃のようなFunな走りではなくなってしまい、加速感が薄らいでしまうのでエンジンを回して走りたいユーザーには物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

883エンジンは、元々、馬力とトルクのバランスが整っているエンジンだけに、これはちょっと惜しい。

このことは以前からわかっていましたので、事細かにご説明し、これまでに至ります。

 

1000cc仕様は、標準の883よりも、馬力とトルクのバランスが更に整っている という事で、程よいトルクアップに、Funな走りを、より一層楽しめる内容です。

加えて、ボアアップした1200cc仕様よりも、1000ccの方が馬力が優っている事にお気づきでしょうか?

 

ENJOY! 1000cc Sportster